メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

お取扱い機器・サービス

空調

ガスヒートポンプ(GHP)

「ガスヒートポンプ(GHP)」とは、LPガスで冷暖房を行うシステムです。 GHPは排熱利用のため通常のエアコンのような能力低下がなく、寒い冬でも高い暖房能力を発揮します。また、環境にやさしい省エネ・高効率の空調システムとして注目を集めています。

ガスヒートポンプ(GHP)のしくみ

GHPの室外ユニットやその操作性は、電気式エアコンとほとんど変わりません。違いは、電気モーターで動かすのではなく、ガスエンジンで室外ユニットのコンプレッサを動かすことで強制的に気化と液化を繰り返して冷暖房を行います。ガスエンジンの排熱を利用することで、高い暖房能力と消費電力の削減を実現します。また、室内ユニットにはガスの燃焼部分がなくクリーンな冷暖房が行えます。

ガスヒートポンプ(GHP)の特長

パワフル暖房

エンジン排熱を有効活用し、運転開始後に設定温度までスピーディーに暖めます。また、外気温度が下がっても快適暖房を持続します。

契約電力の低減

夏場のピーク時の電力消費量を抑える(デマンドピークカット)ため、月々の契約料を節約できます。

ランニングコストの低減

電気に比べて、経済的なガスを使用することで、ランニングコストを低減できます。

  • ガス料金・電気料金により多少異なります。
EHP(電気式ヒートポンプ)
GHP(ガスヒートポンプ)

(出展:日本LPガス協会試算)

ページトップへ